自分を大切にすることは、結果的に周りを大切にすることになる

皆さんこんばんは
LGBTsコミュニケーターのてづかやよい(@yasuu2867)です。

今日は、最近何度も魂から沸き起こるメッセージについて触れます。
それは“もっと自分を大切にしたい””もっと自分を自由に生きたい”というメッセージ。

わたしは長女だし、周りに嫌われたくなくて、ずいぶん気を使って生きてきました。
でも、最近あれ?って思ったんですよ。
「周りを大切にしたい」という願いって、自分がいないと叶えられなくないかと。

大切にしたい相手だけが存在しても、自分が死んでいたり、生きていても死んでいるようだったりしたら、
その人のことを本当に大切にできるのか?
そう疑問に感じたんです。

この疑問メッセージを素直に受け取ったら、

「周りを幸せにする自分を生かすためには、まず自分を大切にしてあげないといけない。」
こんなシンプルなことに気づきました。

周りを幸せにしたい、でも自分は幸せじゃない。
家族を養いたい、でも自分も生活に困っている

まずは自分を幸せにしてあげる。
まずは自分を守ってあげる。
それは結果的に守りたい誰か、助けたい誰か、愛したい誰かを守り、助け、愛する第一歩になります。

自分を真っ先に大切にするなんて、わがままで勝手な人だと思っていましたが、それは違います。
誰かを守りたいからこそ、自分を大切にするのです。

しかもね、自分を大切にしないと、自信がなくなって不安感が強くなるようにできているみたいです。
自信がない人は、自分をおざなりにしているから自信がないんですよ。
自信があるから大切にできるんじゃないんです。

そういうわたしも、昔は自信が全くなかったし、逆に虚勢を張って生きてきました。

だけど、今は違います。
わたしは、自分を大切にするようになりました。

仕事で疲れたら、休憩をとる。
気分が晴れなかったら、気分転換をする。
必要なものがあったら、お金のことはいったん気にせず、自分に投資する。
やりたいと思ったことがあったら、ちょっと頑張ればできることならなるべくやってみる。
言いたいことがあったら、とりあえず口に出してみる。

自分を大切にするって、こういう普通のことなんです。

しかも、「自分を大切にしよう」「自由に決めて生きよう」と決めた瞬間、すごいことが起きます。
あれだけ愛を枯渇していた自分の中の何かが、すーっと満たされていくような感覚を味わいます。

「誰に何を言われても、たとえ一人ぼっちになっても、自分のことは自分が決めていい」という覚悟を決めると、
逆に周りがサポートし、愛を感じるような出来事が次々起こります。

これ、本当に一瞬のことです。
ポイントはいかにこのことを100%信じて、思い切れるか。

するとね、不思議と自分の中の万年の“飢え”みたいなものが満たされるから、
周りをすんなり大切に愛せるようになります。
イライラも減るし、感情も穏やかになる。
何か不測の事態が起きても、もちろん驚くけど、冷静な自分も保てる。

シンプルで簡単すぎるから、本当に不思議かもしれないけど、
自分に自信がない人、生きているのが辛い人には、とってもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です